トヨタ「介護・医療支援向けパートナーロボット」開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタ自動車(株)  2011/11/1

トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、現在開発を進めている、人の活動をサポートする「トヨタ・パートナーロボット」の一つとして、「介護・医療支援向け」の新たな4種類のロボットを藤田保健衛生大学と共同で開発。2013年実用化を目指している。

1. 自立歩行アシスト(下肢麻痺などで歩行が不自由な方の自立歩行支援を目的に開発)

2. 歩行練習アシスト(歩行が不自由な方の練習初期段階からの自然な歩行の習得をアシスト)

3. バランス練習アシスト(バランス確保が不自由な方のバランス機能練習をアシスト)

4. 移乗ケアアシスト(移乗の介護負担の軽減を目的に開発)

詳しくは、トヨタのホームページ