『実践!認知症ケア研修会2012~秋~』のご紹介です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

認知症の方の活動・生活機能を高めるかかわり方と環境づくりの視点を学ぶ

ホームページ:http://www.tsuusho.com/ninchisyokea/2012/

日本通所ケア研究会(株式会社QOLサービス代表取締役社長/会長 妹尾 弘幸)は、認知症高齢者の潜在能力を引き出すケアの習得、アプローチ法を実例や実践を通して学んでいただく『実践!認知症ケア研修会2012~秋~』を開催いたします。詳細は次のとおりです。

■内容
認知症高齢者への対応にごまかしは利きません。
今回の「認知症ケア研修会」では
1. 認知症の方の心の奥底に抱える問題に気付く能力
2. 認知症の方の活動・自立を引き起こすためのリハビリアプローチの手法
3. 認知症ケアの質を高めるケア・リハビリの工夫
4. その時だけの対処型のケアではなく、生活と活動からケアを見直す
5. パーソン・センタード・ケア
以上の視点より、目指すべき認知症ケアの実現に向けてのスキルアップを図ります。認知症ケアの本質を「実例」と「実践」から参加体験型で学ぶこの研修は、参加者が興味のある分科会を自由に選択し、オリジナルの研修を構築できるプログラムとなっている。

【プレセミナー】

講師:助川未枝保氏
「認知症の方の暴言・暴力に対するアプローチ」
「認知症の方の拒否(入浴・排泄・更衣など)に対するアプローチ」
「認知症の方の帰宅願望に対するアプローチ」

講師:妹尾弘幸氏
「認知症の方への関節可動域訓練と筋力増強訓練」
「脳卒中片麻痺の方に対するアプローチ」
「パーキンソン病の方に対するアプローチ」

【認知症ケア研修会】

講師:山川みやえ氏
「認知症リハビリにつながるアプローチ方法」
「脳科学から見た若年性認知症の方への関わり方」
「認知症リハビリを実現する多職種連携」

講師:佐久間尚実氏
「実践的パーソン・センタード・ケアの人的環境づくり」
「認知症の方へVIPSですすめるアプローチ」
「認知症の方の自己実現を達成するための施設ケアの工夫」

講師:小玉幸佳氏
「中・重度認知症の方への生活機能を高めるケア1
~アウトカム評価を用いた清潔へのアクションプラン~」
「中・重度認知症の方への生活機能を高めるケア2
~アウトカム評価を用いた排泄へのアクションプラン~」
「中・重度認知症の方への生活機能を高めるケア3
~アウトカム評価を用いた活動へのアクションプラン~」

講師:妹尾弘幸氏
「認知症の方に対する食事ケア」
「認知症の方のBPSDへのアプローチ~PACEP理論~」
「認知症の方の転倒予防のための環境づくり」

■開催日
(プレセミナー)
2012年9月28日(金)10:00~15:30
(認知症ケア研修会)
2012年9月29日(土)10:00~17:00

■参加費
(プレセミナー)
18,000円(税・資料代込み)
(認知症ケア研修会)
10,000円(税・資料代込み)

■開催場所
ウィリング横浜(神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1)

■お問い合わせ
日本通所ケア研究会事務局
担当:小川 真弘
〒721-0902
広島県福山市春日町浦上1205株式会社QOLサービス内
TEL:084-971-6686
FAX:084-948-0641
メール:info@tsuusho.com

———————————————-

上記内容は、「介護110番」へ紹介依頼があったモノを掲載しています。