〈緊急時の対応マニュアル〉A−04 息をしていないときの応急手当

このエントリーをはてなブックマークに追加

◎息をしていないときの気道確保の方法

■息をしやすくする(気道確保)

①衣類をゆるめ、口の中を見てモノがあれば取り出す。
入れ歯がはずれそうになっていたら、はずしておきます。

②手でひたいを押さえて下げ、もう片方の手であご先を押し上げて 気道を確保します。
力を入れすぎると首の骨を傷めますので、ていねいに行ってください。

【画像1】コツ・・・折り曲げたタオルを肩の下にしくと効果的です。(首の下には絶対しかないこと!)

 

 

③息をしているか確認!
もとに耳を近づけて、呼吸する音が聞こえるかを確かめます。同時に、胸や胃のあたりが上下に動いているかどうかも見ます。

【画像2】

 

●人工呼吸!

気道確保しても呼吸が止まったままか、呼吸が非常に小さいときは…人工呼吸!