「慢性期医療展2012」開催

このエントリーをはてなブックマークに追加

ー医療と介護の連携強化を提案するー

日時:2012年4月19日(木)〜21日(土)10時〜17時

場所:インテックス大阪

主催:慢性期医療展実行委員会(日本慢性期医療協会・テレビ大阪・株式会社アイ・ティ・ビー)

入場料:3,000円(招待券持参者及び事前来場登録者は無料)※4月20日・21日はパブリックデー(一般開放日)のためすべての来場者が入場無料。4月19日はビジネスデー

高齢者医療に焦点を当てた展示会として2回目の開催となる本展は、「医療保険制度」および「介護保険制度」の同時改正という4月の時期、医療と介護の連携が強く叫ばれる中、医療従事者および医療関連機関に向けて最新の慢性期医療の情報を発信する展示会です。医療関連機器・医薬品・看護用品から医療関連サービスまで幅広い分野から、前年を上回る数の52社・団体(展示規模80小間)が出展。現在、本展公式サイト(http://manseiki.jp)において入場料3,000円が無料となる事前来場登録を受付中です。

本年は主催者企画として、同時開催である西日本最大級の総合福祉展「バリアフリー2012」との合同企画“『食』のゾーン”を設置。近年注目が集まっている、介護食をはじめとした食に関する情報が一堂に集結します。加えて、病院・介護施設のPRの場として“ホスピタルゾーン”を新設。医療・介護施設と入院・入所希望者の新たな出会いとなるマッチングの機会を提供いたします。

会期中は主催の日本慢性期医療協会・各委員会によるセミナー(計8セッション)を開講。認知症やリハビリテーションに関してなど、最前線に立つ医療従事者に向けた最新の慢性期医療の情報提供を行います。

その他、出展者によるワークショップ(計9セッション)や大阪府看護協会による「座談会」、全日本ノルディック・ウォーク連盟による「市民公開講座」も開講し、医療従事者のみならず、介護・福祉業界関係者・さらには一般の来場者に、これからの医療・介護のあるべき姿を考え、その実現に向けて問題提起を行い、ともに考えていくきっかけにします。

【お問い合わせ先】

株式会社アイ・ティ・ピー 慢性期医療展事務局

担当:中西・下河内(シモカワチ)

〒540-0008 大阪市中央区大手前1−2−15

TEL: 06−6944−9914  FAX: 06−6944−9912

E-mail: nakanishi@itp.gr.jp